トップページ » 事務局だより

事務局だより

平成30年春の叙勲及び褒章を受けられた会員の方々は次の通りです。
ご同慶の至りです。

                               (敬称略・順不動)

 

生存者叙勲

栗田 豊彰      旭日小綬章           伊勢三河湾水先区水先人、元日本水先人会連合会常任理事

斎藤 徹郎      旭日小綬章           元東京湾水先区水先人、元日本水先人会連合会理事

井上  卓    瑞宝小綬章     元横浜地方海難審判所長

石森 繁樹    瑞宝小綬章      富山商船高専名誉教授

 

褒   章

岸  良昭         黄綬褒章              内海水先区水先人

藤城  稔         黄綬褒章              東京湾水先区水先人

水間 範夫        黄綬褒章              大阪湾水先区水先人

渡辺 雅史        黄綬褒章              東京湾水先区水先人

post by 海洋会事務局

 

 帆船日本丸記念財団より、「帆船日本丸の保存活用に関する寄附のお願い」の投稿がありましたので、会誌「海洋8月号(お知らせ)」に掲載しました。

 この内容を以下の通り添付しましたので、ご参照下さい。

 

     お知らせの内容 → 「.PDFファイル

post by 海洋会事務局

 

 本年も第31回写真展「波涛を越えて」を下記の通り開催を計画しております。

 

               記 

1.場 所 : 横浜市西区みなとみらい 帆船日本丸メモリアルパーク内
2.期 間 : 平成30年10月5日(金)~8日(月・祝)
3.時 間 : 5日(金)12時~17時
       : 6日(土)、7日(日)10時~17時
       : 8日(月・祝)10時~16時(終了)
4.交通案内: JR京浜東北線、横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」徒歩5分
        : みなとみらい線「みなとみらい駅」・「馬車道駅」徒歩5分
5.入場料 : 無料 但し、「日本丸」と「横浜みなと博物館」は有料です。
6.その他 :
  ①期間中はスタッフが常駐し、自身の体験等も話しながら写真の説明をします。
  ②財団行事として、演奏会や総帆展帆が行われます。(10月8日<月・祝>)

post by 海洋会事務局

海洋会 正会員 各位

 

 現在の社員の任期は、平成31年3月31日満了となりますので、下記の手順、日程に従って社員選挙を実施します。
 「社員」としての立候補を希望する正会員は、10月1日までに10名以上の正会員からの推薦を得て、本人並びに推薦者名を連記、押印の上、本部事務局に提出して下さい。なお、特定の申請用紙はないので、その旨の内容が分かれば、形式は自由です。

 

 社員選挙の流れについては、添付のPDFファイルをご参照下さい。

 

   ご参照 => 「社員選挙の流れ.PDF}

 

海洋会 事務局

 

post by 海洋会事務局

東京海洋大学在学生保護者 各位
東京海洋大学(東京商船大学)卒業生 各位

  
                                                          東京海洋大学校友会事務局

 
                   東京海洋大学練習船「海鷹丸」
                 気仙沼一般公開に係る乗船案内について

 

 本年8月3日(金)に開催される第67回気仙沼みなとまつりにおいて、13時~16時の間、東京海洋大学・気仙沼市連携事業として本学練習船「海鷹丸」が一般公開されます。
 乗船には気仙沼市水産課または東京海洋大学三陸サテライトにて配布されている整理券が必要ですが、東京海洋大学校友会の校友としての登録及び整理券請求手続きを行った方については、校友会システムにより7月17日(火)~7月27日(金)の間で整理券の配布受付を行います。
 希望される方は、以下の詳細に示す資料をご参照頂き、登録及び整理券請求手続きを行ってください。

 

  ◉詳細は、添付お知らせ資料(.PDF) をご参照下さい。
  ◉整理券(出力し、当日持参)は、上記のお知らせ資料(.PDF)を参照し手続きをお願いします。
    尚、整理券のサンプルは、添付資料(.PDF) の通りです。(ご参考)

   ◉東京海洋大学HPからのお知らせ :    https://www.kaiyodai.ac.jp/events/general/201807100845.html

  ◉東京海洋大学校友会HPからのお知らせ :https://koyu.kaiyodai.ac.jp/C22/notice_details/VWpGV1pnPT0

post by 海洋会事務局

 東京商船大学(現・東京海洋大学)のOBを中心に、三浦按針が日本初の洋式帆船を建造した静岡県伊東市に働きかけ、今年8月10日に予定されている按針祭(本祭)でのパネル展と講演会が開催されることになった。
 今回の取り組みは、三浦按針(William Adams)が中世日本の外交や海運・造船に果たした役割や近世の近代化につながる意義を再評価しようとする動きに呼応するものである。特に今回は、按針の功績・影響が、現代日本にも繋がっていることを海事関係者からの視点で捉えたいと考えている。
 海洋会の会員のみなさんには、パネル展と講演会へのご協力やご意見をお願いしたい。

                記

1.期間 : 平成30年8月4日(土)~8月10日(金)
2.場所 : 伊東市ふれあいセンター(所在地 静岡県伊東市松川町5-10)
3.内容 : パネル展と講演会(動画コーナーも予定) ==> 按針祭お知らせ資料.PDF

                         ==> パネル展・講演会資料(伊東市教育委員会).PDF

 

 <<講演会・パネル展の様子を示す写真を添付しました(皆様のご協力ありがとうございました。>>

 

   ◎藤田 浩一(東京商船大学 航海科19回生)様より、2018年8月28日付けにて

    按針祭の報告が寄せられましたので、以下の通り、掲載致します。

    => 「報告書」三浦按針講演会@伊東ふれあいセンター3階(2018年8月4日、5日、10日)

 

(1)三浦按針パネル展 (ふれあいセンター2階)
  ・日時 8/4~8/10
  ・時間 10:00~16:00
  ・内容 三浦按針は、日本初の洋式帆船を建造しましたが、建造地として、なぜ伊東が選ばれたか?

      造船は、どのような方法で?などの謎に、海事関係者の視点で迫ります。
      按針と徳川家康との出会いから、按針が日本に与えた影響と功績を、映像と画像で紹介します。

      帆船のペーパークラフト(限定数)も用意しています。

(2)三浦按針講演会 (ふれあいセンター3階)
  ・日時 8/4・8/5、8/10
  ・時間 13:00~16:00
  ・内容 按針の航海、伊豆の船大工の功績、現代の女性水先人の紹介、帆船の魅力など、海事関係に

      スポット当てた講演会です。按針は、日本で初めて英文和訳を行った人物としても注目され

      ています。講師には、大学教授、元船長、現役水先人、木工造船の専門家などをお招きし、

      多角的に按針を再評価し新たな按針像を発見します。

(3)ペーパークラフト教室 (ふれあいセンター3階)
  ・日時 8/6(計画中、変更の可能性あり)
  ・時間 13:00~15:00
  ・内容 小中学生を対象に「按針が建造した西洋式帆船のペーパークラフト」(A4サイズ3枚)

      を配布します。マニュアルがついていて約1時間で完成しますが、作り方教室で指導します。


4.連絡窓口 : 藤田 浩一(東京商船大学 航海科19回生)
         Mail : fujita005@gmail.com
         Tel   : 090-2328-4089

 
  8月4日(講演会後)、伊東市での商船大学同窓会を企画中。皆さん、是非このパネル・
  講演会と共にお誘い合わせの上。ご参加をお願いします。

 
5.参考 : 三浦按針(William Adams)の果たした役割と足跡
 William Adamsは極東を目指す航海で日本に漂着、江戸時代初期に徳川家康の外交顧問として仕えた航海士で、洋式船の建造や外国使節との面談、外交交渉時の通訳をする傍ら、幾何、数学、航海術などを日本に授けた。その後、三浦按針として250石の旗本に取り立てられ、相模国逸見(現・横須賀市逸見)に領地を得、日本の武士として生き、1620年5月に平戸(長崎県)で死去した。55歳だった。幕末黒船来航が、明治へと大きな転換を齎したとするならば、日本に近世の幕開けを齎したのは、家康と三浦按針と邂逅であったと言えるかもしれない。

post by 海洋会事務局

海洋会主催によるランチ・セミナーを東京海洋大学越中島キャンパスにて行います。
第4回目は、以下の通り開催を予定しています。
 
1)日  時 : 2018年6月20日(水)12:05 ~ 12:50
2)場  所 : 東京海洋大越中島会館2階多目的教室
3)講  師 : (株)シップデータセンター代表取締役社長 池田靖弘(神船大E36)氏
4)演  題 : 日本海事協会(ClassNK)とデータ共有事業について
5)対象者 : 学部生、院生、本学教職員
6)申込み : メール・電話にて受付
7)参加費 : 無料
8)その他 : 事前申込みの学生(先着30名)には軽食(おにぎりとドリンク)を用意致します。
        但し、準備の都合上6月15日(金)までに申込みの方限定。
 
 <問合せ・申込み先> 海洋会事務局 電 話 03-3262-8632
                          メール honbu@kaiyo-kai.com
 
   → 第4回ランチセミナー・パンフレット(pdf)

 

 

post by 海洋会事務局

平成30年春の叙勲及び褒章を受けられた会員の方々は次の通りです。
ご同慶の至りです。

                               (敬称略・順不動)

 

生存者叙勲
栗田 豊彰  旭日小綬章   伊勢三河湾水先区水先人、元日本水先人会連合会常任理事
斎藤 徹郎  旭日小綬章   元東京湾水先区水先人、元日本水先人会連合会理事
井上  卓  瑞宝小綬章   元横浜地方海難審判所長

 

褒   章
岸  良昭   黄綬褒章    内海水先区水先人
藤城  稔   黄綬褒章    東京湾水先区水先人
水間 範夫   黄綬褒章    大阪湾水先区水先人
渡辺 雅史   黄綬褒章    東京湾水先区水先人

post by 海洋会事務局

  第27回 海洋会ボランティアクラブ定期総会と懇親会(お知らせ)
 
 時下、ますますご清祥の段お喜び申し上げます。
さて、下記により第27回定期総会を開催しますので、万障お繰り合わせの上
ご出席くださるようご案内申し上げます。
 なお、明治丸ガイドや鵠沼ビーチクリーン活動に興味のある方で、
当クラブに入会を希望される方はメール又は電話などで事務局までご連絡ください。
 
                  記
日 時 平成30年6月23日(土) 午後1時より
場 所 東京海洋大学 越中島会館 1階集会室
議 題 第1号議案 「平成29年度事業報告」
    第2号議案 「平成29年度会計報告」
    第3号議案 「平成30年度事業計画(案)及び予算(案)」
    第4号議案 「役員人事、会員の異動」

その他報告事項
① 明治丸・資料館ガイドブック改訂について
② 海洋会支援金の交通費実費支援について など
※総会終了後、会館2階セミナー室において懇親会を開催します。
 多くの会員、並びに入会希望の方のご出席をお願い致します。
 
 
**【第27回(平成29年度) ボランティアクラブ定期総会 出欠届】**
 
氏 名: __________  クラス:__________ 
次の1.2.のいずれかを○で囲んで下さい。
私は、平成30年6月23日(土)開催のボランティアクラブ総会に 
1 出席します。(当日欠席の場合は、議長に委任します)
2 欠席しますが、議決は下記代理人に委任します。
                                  【委  任  状】
私は、平成30年6月23日(土)開催のボランティアクラブ総会の議案につき
_________ 殿(クラス:______)を代理人と定め、
その議決の一切の権限を委任いたします。
(注)代理人のご記入がない場合は、議長にご委任いただいたものといたします。
 
【懇 親 会(会費2,000円) の 出 欠】 1 出 席  2 欠 席
*********************************
海洋会ボランティアクラブ 事務局
メール: kaiyokai_volunteer-club@outlook.jp
電話:045-201-7786 FAX: 045-201-7785 (海洋会・横浜支部)


   → 定期総会と懇親会(お知らせ)PDF

post by 海洋会事務局

                                   第15回深江祭実行委員会 委員長 木田 章太
                                   (神戸大学海事科学部グローバル輸送科学科 3年)

 

 爽やかな青空が清々しい今日この頃、今年も多くの皆様にご援助頂き、第15回深江祭を開催することとなりました。
 
 今年度の深江祭は、例年と異なり6月9日(土)、10日(日)に開催致します。
 
 今回のテーマは、「出帆」となりました。これには、昨年の神戸開港150周年を終え今年は神戸港にとって新たな船出を迎える1年であること、また深江祭の日程を例年と変え、新しい深江祭を作っていこうという意味を込めました。
 今年の深江祭も昨年から続く深江丸体験乗船など人気の企画のほか、ご来場いただきます皆さまがより、海や船など海事に興味を持って頂けるような深江祭を行いたいと考えております。
 皆様のご来場ぜひお待ちしております。
 最後にはなりますが、深江祭の開催に際しご協力、ご支援いただきました皆様には、心より御礼、感謝申し上げます。

 

 

post by 海洋会事務局

                                   第58回海王祭実行委員会委員長 渡部 太郎
                                 (東京海洋大学海洋工学部海事システム工学科 3年) 

 

 春風の候、皆様におかれましてはなお一層ご活躍のことと拝察いたしております。今年度も皆様に多くのご援助を頂き、海王祭を開催する運びとなりました。
 
 今年度は6月2日(土)、3日(日)の開催となります。
 
 今年度のテーマは「No ship, No life.」です。日本における海上輸送の重量ベースは99.7%にも及び、日本は海運によって支えられているといっても過言ではありません。テーマ通り、われら日本人には船のない人生なんてないのです。今年度はこのテーマの下、海王祭の目的の一つである海事産業の普及をより一層前面に押し出していく所存です。日本で唯一の海の総合大学、その上船舶や流通に重きを置いている海洋工学部という強みを生かし、船舶に関する最先端の研究や海運の重要性を知っていただくきっかけとなればと考えております。
 実行委員会一同、ご来場の皆様が海王祭を楽しんでいただけるよう、懸命に努力して参ります。是非、お子様やご家族をお連れになってお越し下さい。実行委員会一同皆様のご来場を心よりお待ちしております。
 
 結びに、海王祭の開催にあたり、ご支援いただいている皆様に重ねて感謝申し上げます。

 

post by 海洋会事務局

会誌「海洋」のページをリニューアルしました。
表紙写真をクリックすると表紙写真と目次(PDF)が閲覧できます。

 

post by 海洋会事務局

 皆様お元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。
第7回檣涛会主催の「寮歌を歌う会」を下記のとおり開催しますので、お知らせします。
昨年9月、横浜港に係留されている日本丸が、重要文化財に指定されました。
現役の帆船では我が国初の事例です。そのためか、最近は本船の見学者が次第に増加しており、
関係者一同ほっとしています。
日本丸の重要文化財指定を記念して、昨年同様「寮歌を歌う会」を海洋会横浜支部で開催することとし、
ご案内すると共に多くの皆様のご参加をお願いします。
昼食をしながら学生時代を振り返り、寮歌・船歌を歌い、語り合って楽しいひとときを過ごしましょう。
 
                   記
 
1.日  時 : 平成30年6月9日(土) 12:00 ~ 14:00
2.場  所 : 海洋会横浜支部 3階会議室 Tel 045-201-7786
3.会  費 : 4,000円(学生 1,000円)
4.参加申し込み : 幹事 望月二朗 E-mail brb12310@nifty.com
            横浜支部事務室長 神谷洋一郎 yokohama@kaiyo-kai.com
            Tel 045-201-7786(横浜支部)
*申し込み締切り 平成30年6月5日
*一部のメンバーには、往復葉書でお知らせします。

参加者名簿  、まとめスナップ写真、を添付します。  2018_06_12 横浜事務室長

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

post by 海洋会事務局

 時下、ますますご清祥の段お喜び申し上げます。
 さて、下記により第98回定時社員総会を開催致しますので、社員の方々は万障お繰り合わせの上ご出席くださるようご案内申し上げます。

 

                    記

日 時 平成30年6月15日(金)午後4時より

場 所 千代田区麹町4-5 海事センタービル 4階401・402号室

議 題 第1号議案 平成29年度事業報告及び決算について

     第2号議案 平成30年度事業計画(案)及び予算(案)

 

 
 定時社員総会終了後、午後6時より海事センタービル2階201・202号室において懇親会を開催します。

今年は役員改選がないため、会員のみにて懇親会を行います。多くの会員の皆様のご出席をお願い致します。
 なお、ご出席の方はメールまたは電話等で事務局までご連絡ください。(会費3,000円)
メールアドレス:honbu@kaiyo-kai.com 電話番号:03-3262-8632

 

 

post by 海洋会事務局