トップページ » 事務局だより

事務局だより

                                   第58回海王祭実行委員会委員長 渡部 太郎
                                 (東京海洋大学海洋工学部海事システム工学科 3年) 

 

 春風の候、皆様におかれましてはなお一層ご活躍のことと拝察いたしております。今年度も皆様に多くのご援助を頂き、海王祭を開催する運びとなりました。
 
 今年度は6月2日(土)、3日(日)の開催となります。
 
 今年度のテーマは「No ship, No life.」です。日本における海上輸送の重量ベースは99.7%にも及び、日本は海運によって支えられているといっても過言ではありません。テーマ通り、われら日本人には船のない人生なんてないのです。今年度はこのテーマの下、海王祭の目的の一つである海事産業の普及をより一層前面に押し出していく所存です。日本で唯一の海の総合大学、その上船舶や流通に重きを置いている海洋工学部という強みを生かし、船舶に関する最先端の研究や海運の重要性を知っていただくきっかけとなればと考えております。
 実行委員会一同、ご来場の皆様が海王祭を楽しんでいただけるよう、懸命に努力して参ります。是非、お子様やご家族をお連れになってお越し下さい。実行委員会一同皆様のご来場を心よりお待ちしております。
 
 結びに、海王祭の開催にあたり、ご支援いただいている皆様に重ねて感謝申し上げます。

 

post by 海洋会事務局

会誌「海洋」のページをリニューアルしました。
表紙写真をクリックすると表紙写真と目次(PDF)が閲覧できます。

 

post by 海洋会事務局

 皆様お元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。
第7回檣涛会主催の「寮歌を歌う会」を下記のとおり開催しますので、お知らせします。
昨年9月、横浜港に係留されている日本丸が、重要文化財に指定されました。
現役の帆船では我が国初の事例です。そのためか、最近は本船の見学者が次第に増加しており、
関係者一同ほっとしています。
日本丸の重要文化財指定を記念して、昨年同様「寮歌を歌う会」を海洋会横浜支部で開催することとし、
ご案内すると共に多くの皆様のご参加をお願いします。
昼食をしながら学生時代を振り返り、寮歌・船歌を歌い、語り合って楽しいひとときを過ごしましょう。
 
                   記
 
1.日  時 : 平成30年6月9日(土) 12:00 ~ 14:00
2.場  所 : 海洋会横浜支部 3階会議室 Tel 045-201-7786
3.会  費 : 4,000円(学生 1,000円)
4.参加申し込み : 幹事 望月二朗 E-mail brb12310@nifty.com
            横浜支部事務室長 神谷洋一郎 yokohama@kaiyo-kai.com
            Tel 045-201-7786(横浜支部)
*申し込み締切り 平成30年6月5日
*一部のメンバーには、往復葉書でお知らせします。

参加者名簿  、まとめスナップ写真、を添付します。  2018_06_12 横浜事務室長

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

post by 海洋会事務局

 時下、ますますご清祥の段お喜び申し上げます。
 さて、下記により第98回定時社員総会を開催致しますので、社員の方々は万障お繰り合わせの上ご出席くださるようご案内申し上げます。

 

                    記

日 時 平成30年6月15日(金)午後4時より

場 所 千代田区麹町4-5 海事センタービル 4階401・402号室

議 題 第1号議案 平成29年度事業報告及び決算について

     第2号議案 平成30年度事業計画(案)及び予算(案)

 

 
 定時社員総会終了後、午後6時より海事センタービル2階201・202号室において懇親会を開催します。

今年は役員改選がないため、会員のみにて懇親会を行います。多くの会員の皆様のご出席をお願い致します。
 なお、ご出席の方はメールまたは電話等で事務局までご連絡ください。(会費3,000円)
メールアドレス:honbu@kaiyo-kai.com 電話番号:03-3262-8632

 

 

post by 海洋会事務局

 第48回戦没・殉職船員追悼式を下記の通り挙行いたします。多くの皆様の参列をお願い
申し上げます。
  式典は、国歌斉唱・黙祷・式辞・参列者献花・能楽「海霊」奉納の順に進行し12時に閉式。
そ の後、観音崎京急ホテルで懇親会を行い、13時30分散会の予定です。
  お問い合わせは日本殉職船員顕彰会へご連絡ください。
 
                     記
 
 日 時 平成30年5月15 日(火)午前11時開式
      *晴雨に関わらず受付は午前9時に開始します。
 場 所 神奈川県立観音崎公園「戦没船員の碑」(横須賀市)
 交 通 ① 京急浦賀駅から観音崎行き京浜急行バス(所要約15分)
      ② JR横須賀駅から観音崎行き京浜急行バス(所要約30分)
      *①②ともに『観音崎』バス停下車
      ③ 『観音崎』バス停から式典会場まで無料マイクロバス送迎
      *乗用車による式場乗入れはできません。
       午前9時から11時10分まで観音崎バス停から式場の『戦没船員の碑』まで
       無料マイクロバスを運行します。
      * JR 東京駅から観音崎バス停までの所要時間は約1時間30分です。
 
※ 式典には、全国の遺族、関係者の参列をいただいています。ご案内状の発送は4月上旬を
 予定しておりますが、ご案内を差し上げない方々も自由に参列できます。
※ 式典会場は屋外となります。近年の温暖化の影響で晴天の場合は気温が高くなることが
 予想されます。暑さ対策として、帽子・日傘・水等をご用意ください。
※ 式典は雨天でも行いますので、雨具の用意をお願いします。
※ 開式前に海上自衛隊横須賀音楽隊の前奏があります。
  (雨天の場合、前奏は変更になることがあります。)
※ 懇親会終了のころ(概ね午後1時から午後2時まで)懇親会会場の観音崎京急ホテルから
 京急「馬堀海岸駅」まで無料マイクロバスを運行します。
 
              〒102-0083 東京都千代田区麹町四丁目5番地  海事センタービル
                          公益財団法人 日本殉職船員顕彰会
                            電 話 03-3234-0662
                            F A X 03-3234-0682
                            E-mail:kenshoukai@isis.ocn.ne.jp

post by 海洋会事務局

東京海洋大学より、企画展示・講演会「船が育んだ江戸」の

ご案内がありましたので、以下のとおりお知らせします。

 
                 記
 
企画展示 : 第9回企画展示「船が育んだ江戸~百万都市・江戸を築いた水運~」
     (1)海-海流・海難・海損-
期   間 : 2017年12月12日(火)~2018年2月17日(土) 10:00~15:00
場   所 : 東京海洋大学 越中島キャンパス 明治丸記念館
開 館 日 : 毎週火・木曜、第1及び第3土曜日(入館は14:30まで)
 
講 演 会 :「船が育んだ江戸」(1)海-海流・海難・海損-
日   時 : 2018年2月10日(土) 13:00~15:30
場   所 : 東京海洋大学 越中島キャンパス 越中島会館 2階講堂
講   師 : 苦瀬 博仁(東京海洋大学名誉教授)
       岩坂 直人(東京海洋大学附属図書館越中島分館長)
       大貫 伸(日本海難防止協会研究統括本部部長)
       金岡 京子(東京海洋大学教授)
       ※記載は講演順
 
※講演会当日に限り、展示会場の明治丸記念館を15:00~16:30まで開館いたします。
 
詳細はこちらをご覧ください。

東京海洋大学付属図書館ホームページ( http://lib.s.kaiyodai.ac.jp/exhibition/

企画展示チラシ( →PDF

 

~ 展示会場 ~

 
 
【問合わせ先】
越中島キャンパス図書館 情報サービス第二係 
TEL:03-5245-7362 FAX:03-5245-7334 
E-mail:jo-joho2@o.kaiyodai.ac.jp

post by 海洋会事務局

平成29年秋の叙勲及び褒章を受けられた会員の方々は次の通りです。
ご同慶の至りです。

                               (敬称略・順不動)

 

生存者叙勲
佐々木 功   旭日小綬章  伊勢三河湾水先区水先人、元日本水先人連合会副会長
竹内 尚武   旭日小綬章  元東京湾水先区水先人、元日本水先人会連合会理事
竹口 信和   旭日小綬章  大阪湾水先区水先人、元日本水先人会連合会副会長
古屋  衛   旭日小綬章  元内海水先区水先人、元日本水先人会連合会理事
金澤 龍夫   旭日双光章  仙台湾水先区水先人、元日本水先人会連合会理事

 

褒   章
岩田 泰臣   黄綬褒章   内海水先区水先人
桜井 康弘   黄綬褒章   大阪湾水先区水先人
三角 安洲男  黄綬褒章   東京湾水先区水先人
綿岡 雄二郎  黄綬褒章   伊勢三河湾水先区水先人会

post by 海洋会事務局

海洋写真家中村庸夫氏ほか撮影の帆船の写真を集めたカレンダー(A2 判 表紙とも7 枚)を
5名の読者の方にプレゼントします。
ご希望の方は、ハガキかメールに、①住所②氏名③年齢④電話番号を明記の上、下記までお申し込み下さい。
 申込締切は12 月22 日(消印有効)。
応募者多数の場合は抽選し、当選発表は発送をもって代えさせていただきます。
◆申込先= 〒102-0083 東京都千代田区麹町4-5 海事センタービル6F
   (一社)海洋会「帆船カレンダー」プレゼント係 
    E-Mail:honbu@kaiyo-kai.com
 
2018年世界の帆船カレンダープレゼント(PDF)
 
 
なお、帆船カレンダーは日本海事広報協会で販売(定価1,234 円(税込)・送料実費)しておりますので、
ご希望の方は下記へお問い合わせください。
【お問合せ】
(公財)日本海事広報協会 事業第一部
〒104-0043 東京都中央区湊2-12-6 
電話:03-3552-5033 FAX:03-3553-6580
E-MAIL:calendar@kaijipr.or.jp

post by 海洋会事務局

賀詞交歓会の開催について

2017年12月12日(火)

新年恒例の賀詞交歓会を下記のとおり開催いたします。

皆さま、万障繰り合わせのうえご出席くださいますようご案内申し上げます。 
          記

 
日時:平成30年1月12日(金)12:00~
場所:海事センタービル2階
会費:4,000円

post by 海洋会事務局

「海洋」2018年1月号に新刊紹介の記事を掲載しました。
本書は、東京商船大学N8回生田川俊一弁護士が監修し、N9回生藤沢順マリンコンサルタントが著した、
船舶衝突事件の対応で必要となる法律・実務知識を、83の設問でわかりやすく簡潔に解説した、
初期対応から民事訴訟の実務まで網羅している実務的解説書です。

 

新刊紹介「船舶衝突の実務的解説」(PDF)

post by 海洋会事務局

 

 これまで海洋会は、定款第44条に規定する資産の管理方針、運用等に付いては、海本規3-01「資産管理運用規程」に従って管理運用してきました。しかしながら、短期的な市場の動向により資産構成割合を変更するよりも、基本となる資産構成割合を定めて、これを維持する方が効果的で良い結果をもたらすことが最近知られるようになり、公益性の高い社団法人や財団法人などにおける基金の運用については、各資産のリターン(期待収益率)やリスク(危険の意味ではなく標準偏差の意味)などを考慮した慎重な検討を行ったうえで、基本となる資産構成割合(基本ポートフォリオ)を定めて、それに従って運用しているのが一般的となっています。

 
 国から預託された公的年金積立金の管理、運用を行っている「年金積立金管理運用独立行政法人」(GPIF:Government Pension Investment Fund 以下GPIFと称す)は、公的年金という性質上、長期的により安全かつ効率的な観点から、国内債券、国内株式、外国債券、外国株式の配分を「基本ポートフォリオ」に定めたアセットアロケーション(資産配分)に基づいた運用指針を採用して運用しています。

 
海洋会が行ってきたこれまでの資産管理に問題があった訳ではありませんが、この最も長期的により安全かつ効率性が求められるGPIFの運用管理方法を取り入れることで、数値管理された運用が可能となるとともに、会員に対する更なる資産運用の透明性を高めていくことにも繋がっていくとの判断のもと「基本ポートフォリオ」を定め、より客観性のある基準に従って資産の管理・運用を行っていくことを計画致しました。

 
その為には、海本規3-01「資産管理運用規程」の改定を行う必要があることより、平成29年11月17日(金)に開催された平成29年度第3回理事会に、第1号議案として海本規3-01「資産管理運用規程」の改定について、を上程致しました。結果、出席理事全員から賛同を戴き、第1号議案は議決されるに至りましたので、同日をもって改定「資産管理運用規程」は、施行されることになりました。


  尚、平成29年度第3回理事会の議事録に付きましては、海洋会ホームページ

 

    → 運営組織 → 理事会 → 平成29年度第3回理事会議事録(H29.11.17)

 

  に記載されていますので、御一読下さい。

post by 海洋会事務局

海洋会主催によるランチ・セミナーを東京海洋大学越中島キャンパスにて行います。
第3回目は、以下の通り開催を予定しています。


1)日  時 : 2017年12月20日(水)12:05 ~ 12:50
2)場  所 : 東京海洋大越中島会館2階多目的教室
3)講  師 : 地球深部探査船「ちきゅう」船長 小林猛将(東船大N36)氏
4)演  題 : 地球深部探査船「ちきゅう」船長 -大いに語る―
5)対象者 : 学部生、院生、本学教職員
6)申込み : メール・電話にて受付
7)参加費 : 無料
8)その他 : 事前申込みの学生(先着30名)には軽食(おにぎりとドリンク)を用意致します。
       但し、準備の都合上12月15日(金)までに申込みの方限定。
 
 <問合せ・申込み先> 海洋会事務局 電 話 03-3262-8632
                   メール honbu@kaiyo-kai.com
 
   → 第3回ランチセミナー・パンフレット(pdf)

 

post by 海洋会事務局

平成29年「海の日」海事関係功労者国土交通大臣表彰を受けられた会員の方々は次の通りです。
ご同慶の至りです。                    (敬称略・順不動)


    大野 一夫(小名浜水先区水先人)
    斎藤 徹郎(東京湾水先区水先人)
    尾野 勝彦(東京湾水先区水先人)
    藤城  稔(東京湾水先区水先人)
    滝元  皓(東京湾水先区水先人)
    乾  明夫(東京湾水先区水先人)
    古田 幸信(東京湾水先区水先人)
    渡辺 雅史(東京湾水先区水先人)
    森川  滿(伊勢三河湾水先区水先人会)
    川口  豊(伊勢三河湾水先区水先人会)
    山内 良介(伊勢三河湾水先区水先人会)
    水間 範夫(大阪湾水先区水先人会)
    藤井  洸(大阪湾水先区水先人会)
    三島 章徳(大阪湾水先区水先人会)
    岸  良昭(内海水先区水先人会)
    鳥飼俊二郎(内海水先区水先人会)
    小林 英明(内海水先区水先人会)
    吉冨 靜夫(内海水先区水先人会)
    田倉 幸秀(内海水先区水先人会)
    種  義郎(内海水先区水先人会)

post by 海洋会事務局

東京海洋大学越中島会館内に『海洋会掲示板』を設置し、平成29年5月27日(土)より
利用を開始しました。

初日は、会誌「海洋3月号及び5月号」より、表紙・目次・その他を抜粋して掲示したので
ご紹介いたします。

 

       <掲示板全景写真> 

<『海洋会掲示板』での情報発信内容に付いて>
・会誌「海洋」の表紙・目次・お知らせ(下記を除く)
・会誌「海洋」記事抜粋(学生特集・学生登場記事・他)
・ランチセミナー開催予定のお知らせ
・海外インターンシップ予定のお知らせ
・住所不明で会誌「海洋」未着となった学生への呼びかけ
・求人情報のお知らせ
・東京/横浜支部主催講演会のお知らせ
・越中島支部便り
・海洋会ボランティアクラブ「明治丸グループ」便り
・ビーチクリーンアップ活動のお知らせ(参加学生には、ボランティア活動証明書を発行している)

 

尚、海洋会・会員の方々にて、『海洋会掲示板』の利用を希望される場合は、本部事務局まで
ご連絡下さい。
  Tel 03-3262-8632
  Fax 03-3262-6909
  Mail honbu@kaiyo-kai.com

post by 海洋会事務局